否認防止とは、インターネットなどで利用者が事後になってその利用事実を否定することができないように証拠を残すことです。例としては、デジタル証明を利用した商取引などが挙げられます。デジタル証明は、本人確認を行うための技術であり、これを利用することで、防止することが可能です。例えば、普段から利用する顧客にデジタル証明を発行し、顧客はそのデジタル証明を利用して、商取引を行えば、事後にその取引を否認できなくなります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。