組み合わせアプローチとは、あらかじめ組織にとって重要な情報資産や高いリスクにさらされる情報資産を特定し、その上で特定された情報資産に対して詳細リスクアセスメントアプローチを適用し、それ以外の情報資産に対しては、ベースラインアプローチを適用することです。この方法のメリットは、迅速に重要な情報資産に対して管理策を適用できることですが、デメリットとして重要な情報資産や高いリスクにある情報資産の選択が不完全な場合、十分な管理策を適用できない可能性があることです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。