適用範囲(スコープ)とは、プロセス改善プロジェクトを実施すべきプロセスの範囲のことです。プロセスの起点と終点を指定することで、改善機会がどこに存在するかを明確に示します。適用範囲を限ることで、どこで、何を測定すべきかが明らかになります。プロジェクト・チームの権限・管理が及ぶ範囲内で設定することも必要です。

参考文献

  • 『シックスシグマ・ウェイ』日本経済新聞社

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。