Xは、システムのさまざまな箇所における測定値であり、それが次工程への変数となります。Yは、企業活動の最終的なパフォーマンスを表す測定値です。Y=f(X)とは、システム上のインプットやプロセスにおける変更や変数が、最終的なパフォーマンスであるYに大きな影響を及ぼすことを数学的に表現したものです。

参考文献

  • 『シックスシグマ・ウェイ』日本経済新聞社

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。