サンプリングとは、測定の対象となる母集団の一部の項目の特性から、母集団全体の特性を評価する目的をもって行う抽出行為をいいます。正しい測定を行うためには全データを測定すれば間違いないのですが、実際のビジネス上では不可能なことです。そこで、なるべく少ないデータから全体を判断できるようサンプリングという手法が開発され、例えばランダムサンプリング(無作為抽出法)や多段抽出法などの手法が有名です。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。