欠陥の測定方法を定義する際に、欠陥の発生機会がプロセス上のどこにあり、その数がいくつあるのかを予め定義しておく必要があります。欠陥の機会を定義しておかないと、測定結果を分析することが困難になります。欠陥の機会を定義する際に留意すべき点は、(1)「標準的な」問題に焦点を絞ること、(2)密接に関連した欠陥は一つにまとめること、(3)顧客に重大な影響を及ぼす欠陥に絞ること、(4)一貫性を保つこと、(5)欠陥の発生機会の変更は慎重に行うことです。

参考文献

  • 『シックスシグマ・ウェイ』日本経済新聞社

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。