DPOとは、Defects per Opportunityの略で、1機会当たりの欠陥発生数です。DPOを計算する式は、DPO=欠陥数/(ユニット数×欠陥の発生機会数)で表せます。例えばWebサイトの欠陥の発生機会が「表示エラー」「機能不全」「デザインの良し悪し」の3点と定義した場合、Webサイト300ページの中に18箇所の欠陥があった場合、DPO=18欠陥数/(300ページ×欠陥の機会3)=0.02となります。

参考文献

  • 『シックスシグマ・ウェイ』日本経済新聞社

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。