因果図は別名、フィッシュボーン(魚の骨)・ダイアグラム、石川ダイアグラム、特性要因図とも言います。ブレーンストーミングで根本原因仮説を設定する際に用いられる、カテゴライズのためのツールです。ある特性/結果を魚の頭の部分に、その原因と思われる要因を魚の骨の部分に記入しながら作業を進めます。

参考文献

  • 『シックスシグマ・ウェイ』日本経済新聞社

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。