相関とは、2つのものの間の関連があることを意味します。2つの変数の関係の度合い(あるいは「強さ」)を数値で表したものを、相関係数と言います。相関係数(r)は、−1≦ r ≦1で示され、(1) rが正数のときは、「正の相関関係」(XもYも増加(減少)する)、(2) rが負数のときは、「負の相関関係」(Xが増加するとYが減少する)となります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。