平均値とは、個々のデータの総和を、データの全個数で割った値を言います。これを式で表すと、次のとおりです。なお平均値は、データの分布が比較的対照的な山型であり、極端な値が全データに大きく影響を与えない場合に用いられます。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。