新QC7つ道具は、全部門、全階層でのTQC活動が行われるようになり、「言語データの整理」「発想を導く」などの目的の為に開発されました。新QC7つ道具とは、次の7種類であり、主に言語データを扱います。(1)親和図法、(2)連関図法、(3)系統図法、(4)マトリックス図法、(5)PDPC法、(6)アローダイヤグラム法、(7)マトリックス・データ解析法

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。