Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2017年11月 > MicrosoftがSonarプロジェクトでDequeのaXeを採用

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

MicrosoftがSonarプロジェクトでDequeのaXeを採用

取締役 木達

(この記事は、2017年11月20日に公開された記事「Microsoft selects Deque's aXe for Sonar Project」の日本語訳です。Deque Systems社の許諾を得て、お届けしています。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。)

今年のはじめ、Microsoftは「Webのための検証ツール」として、Sonarプロジェクトをお披露目しました。Sonarを使うことで、開発者は開発プロセスの初期において、相互運用性やセキュリティ、パフォーマンスに加え、Dequeのaxe-coreライブラリを用いたアクセシビリティ検証を行うことができます。私たちの取り組みの成果が、GoogleやMicrosoftにおけるオープンソース・プロジェクトに取り込まれることに、私たちはとてもワクワクしています。IT界の巨人たちが、自動アクセシビリティ検証の分野における私たちの専門性を認めてくれたことを意味するのですから。既によくメンテナンスされているライブラリが存在するなら、どうして車輪を再発明する必要があるでしょう?

9月に催されたMicrosoft Edge Summitで、シニアプロジェクトマネージャーのAnton Molleda氏は、SonarがWeb開発のプロジェクトにおいてどのように機能するか、詳細のプレゼンテーションを行いました。ことアクセシビリティに関しては、DequeのオープンソースのJavaScriptライブラリ、axe-coreを採用しています。私たちはこれまで、Sonarへの対応をスムースに進めるべく、すべてのユーザー、特にWindowsプラットフォームのユーザーをサポートするよう、Github上で協働してきました。

開発者ツールの拡張APIは、Microsoft Edge用に再開発中であり、完成の暁にはDequeはEdge用のaXeブラウザー拡張を作ることができると思いますが、SonarはEdgeやChrome、jsdomでアクセシビリティ検証を行う機会を開発者に提供します。Sonarは「検証ツール」ですので、開発者はコード品質を納品前に検証する目的でSonarを使うことを意味します。SonarはWebブラウザーに接続することで、CSSやJavaScriptの有効な状態で、axe-coreのルールに則りアクセシビリティ検証を行います。これは、典型的な検証ツールにありがちな誤検知を避けるのに役立ちます。

Sonarは、同じくaxe-coreを採用しているGoogleのLighthouse監査ツールに似たプロジェクトです(訳注:GoogleがChromeのデベロッパーツールにDequeのaXeを採用参照)。Lighthouseと比べると、SonarはPWA(Progressive Web Apps)のベストプラクティスに照らすより、一般的なWeb開発向けに重きが置かれています。多様なプラットフォームをサポートするWebサイトやWebアプリケーションはさまざまありますが、それらはすべてアクセシビリティを必要としています。これらのツールは、axe-coreによるアクセシビリティ検証を検討する開発者にとって、素晴らしいきっかけになります。

手間をかけることなく、手始めにいちページを対象に、アクセシビリティ検証でaXeを試してみたいとお考えなら、無料のブラウザー拡張をaxe-core.orgでチェックしてください。複数のページの検証や、より高度な設定をお求めなら、WorldSpace Attestを用いたソリューションが適切かもしれません。

Pick Up