Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

CSUN 2017 参加報告セミナーと、その後の懇親会のご案内

取締役 木達

直前のご案内となり申し訳ありませんが、今週末の21日、CSUN 2017 参加報告セミナーを開催いたします。

広く「CSUN(シーサン)」の通称で知られる、アクセシビリティに関する国際カンファレンスは今年、通算で32回目を迎えましたが、名称を以前の「International Technology and Persons with Disabilities Conference」から「CSUN Assistive Technology Conference」に変更。米国San Diegoで、2月27日から3月4日にかけて開催されました。

同カンファレンスに参加した当社取締役社長の木達と、株式会社インフォアクシアの植木氏、サイボウズ株式会社の小林氏、株式会社コンセントの秋山氏の4人が、会場で見聞きした中から特に興味深かったものを紹介しつつ、2017年のWebアクセシビリティ動向を共有する機会として、本セミナーを企画・開催します。

「CSUN 2016 参加報告セミナー」のフォローアップをお読みいただくと、昨年の模様が多少はお分かりになるかと思います。

まだ若干お席に余裕がございますので、Webアクセシビリティにご興味・ご関心のある皆様には是非、参加をご検討いただければと思います。

なおセミナー終了後には昨年同様、登壇者の皆様と参加者の皆様の、あるいはセミナーに参加された皆様同士の懇親会を、開催したいと考えております。参加を希望される人数次第ではありますが、場所はセミナー会場である当社と同じ、住友不動産新宿グランドタワー内にあるコーヒーショップで、17〜18時の開催を予定しております。詳細は当日、セミナー会場で改めてご案内いたします。

第6回を迎えるGlobal Accessibility Awareness Day

アクセシビリティ・エンジニア 辻

デジタル分野(Webやソフトウェア、モバイルなどを含む)のアクセシビリティや、さまざまな障害をもつユーザーについて語ったり、考えたり、学ぶ日として定められたGlobal Accessibility Awareness Day(GAAD)は、今年で6回目を迎えます。

今年のGAADは5月18日 (木曜日)で、世界各地で様々なイベントが催される予定です。

日本では、兵庫県神戸市にあるステラコートにおいて、9時30分から18時まで「アクセシビリティの祭典」が実施されます。

当社からは、同イベントに取締役社長の木達が登壇し、以下のセッションに参加を予定しております。

また、イベントでは「~AR・VR・ロボティクス・脳波~ 福祉 × 機能拡張」というテーマで最新技術の展示も予定されているとのこと。

アクセシビリティ関連の話題に興味をお持ちの方は参加を検討してみてはいかがでしょうか?

イベント
アクセシビリティの祭典
日時
2017年5月18日(木)9:30〜18:30(予定)
会場
ステラコート(〒651-0083 兵庫県神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル24F)
参加費
無料

セミナー『Web担当者が知っておくべきスクリーン・リーダー利用の実際』を開催しました

アクセシビリティ・エンジニア 辻

去る2月17日、当社セミナールームでWeb担当者が知っておくべきスクリーン・リーダー利用の実際を開催いたしました。
年度末のお忙しい時期にもかかわらず、多くの方々にご参加いただき、本当にありがとうございました。

少し間が開いてしまいましたが、講師の立場で今回のセミナーを振り返ってみたいと思います。

アイスブレークでは「音」の情報について触れました

スクリーン・リーダーはコンピューターの画面情報を音声や点字にして利用者に伝えるソフトウェアですが、私が普段生活する中ではこのスクリーン・リーダー以外にも、様々な音の情報を活用しています。
セミナー冒頭のアイスブレークでは、駅の改札の場所を示す音や、エレベーターの登りと下りを表すためのチャイムが、私の通勤時には欠かせない情報源であることをお伝えしました。

TwitterのWebアプリケーションを紹介

今回のセミナーでは、静的なWebページをスクリーン・リーダーで読み上げさせるデモに加えて、TwitterのWebアプリケーションを操作する様子を見ていただきました。
「J」キーや「K」キーを押すことで画面上のツイートを読み上げられること、タイムラインに新しいツイートがあるときは「新しいツイートがあります」とスクリーン・リーダーで自動的に読み上げられることなどをご紹介しました。

今回このデモを選んだ理由は、「Webアプリケーションはスクリーン・リーダーで操作できるの?」というご質問をいただくことが増えてきたからです。

Webアプリケーションの中には私が利用できない物も少なくありませんが、今回ご紹介したTwitterのアプリケーションのように便利に利用できる物があることを参加者の皆様に認識していただけましたら幸いです。

セミナーを終えて

セミナーの最後にはたくさんのご質問をいただけたほか、私がスクリーン・リーダーの出力先として使用している点字ディスプレイにも興味を持っていただき、改めてこのセミナーを実施してよかったなと感じました。

当日の様子は、当社のセミナー開催レポートの記事「Web担当者が知っておくべきスクリーン・リーダー利用の実際(2017年2月17日開催)」に写真付きでご紹介しておりますので、合わせてご参照いただけますと幸いです。

2月17日にスクリーン・リーダーを紹介するセミナーを開催します

アクセシビリティ・エンジニア 辻

来る2月17日、当社主催のセミナー「Web担当者が知っておくべきスクリーン・リーダー利用の実際」を開催いたします。

本セミナーでは、主に全盲の視覚障害者がコンピューターの画面情報にアクセスするときに使用しているスクリーン・リーダーがどのようなものかをご紹介するとともに、Web担当者の方がスクリーン・リーダーを使ってご自身のWebサイトのアクセシビリティチェックを行う際に知っておいていただきたい事柄を取り上げます。

前回同じ趣旨のセミナーを開催してから、早いもので5年ほどが経過しました。
今回のセミナーでは、この5年ほどの間にスクリーン・リーダーがどのように進化してきたか、それを使用する視覚障害者の生活にどのような変化があったかについてもお伝えできればと考えております。

年度末のお忙しい時期かとは存じますが、セミナー詳細をご確認いただき、多くの皆様にご参加いただけましたら幸いです。

セミナー概要

受講料
無料
セミナー日時
2017年2月17日(金)15:00~17:00(受付開始14:30より)
講師
  • 株式会社ミツエーリンクス 第一事業部 アクセシビリティ部 アクセシビリティ・エンジニア 辻 勝利
  • 株式会社ミツエーリンクス 第一事業部 アクセシビリティ部 マネージャー アクセシビリティ・スペシャリスト 中村 精親
場所
株式会社ミツエーリンクス 本社セミナールーム(会場までの地図
対象となるお客様
  • アクセシビリティ対応を進めたいWeb担当の方
  • スクリーン・リーダーを利用して自社のコンテンツを検証したい方
  • JIS X 8341-3改正、障害者差別解消法施行といったキーワードが気になっている方
  • スマートフォンにおけるアクセシビリティ対応に興味のある方
定員
60名様

米国リハビリテーション法508条改定についての最新情報:情報通信機器・サービスに関する技術基準(ICT)の最終基準が公開

アクセシビリティ・エンジニア 畠山

(この記事は、2017年1月18日に公開された記事「Section 508 Refresh Update: ICT Final Rule Published」の日本語訳です。Deque Systems社の許諾を得て、お届けしています。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。)

リハビリテーション法508条のブリーフィングを表現するためのアメリカ国旗が手前にある庁舎を引きで見た写真

先週、私たちは長らく待ち望んでいた米国リハビリテーション法508条改定がようやく行われるというニュースを共有しました。米国連邦政府のアクセス委員会は先週の火曜日、ICT最終基準のパブリックブリーフィングを行い、その内容は本日1月18日に連邦官報より公開されます。前回の記事で説明したように、この最終基準の施行および準拠の有効日は、連邦官報の公開日から12カ月後である、2018年1月18日より開始となります。

私たちは幸いなことにブリーフィングに参加し(そして歴史が作られる瞬間を目撃しました)、リハビリテーション法508条改定で私たちが予測できる変更点はアクセス委員会により取り上げられました。アクセス委員会のTimothy CreaganとBruce Baileyはアップデートされた内容を詳細に説明しました。私たちは508条改定の中で貴社に最も影響があると思われる5つの主要ポイントをピックアップしました:

  1. 適合日とセーフハーバー条約 - 改定された基準への適合は、連邦官報より発表され1年経った日から求められます。アクセス委員会からの最新の情報によると、最終基準は本日2017年1月18日に公開されるとのことです。最終基準は2017年3月17日より有効になり、各組織は2018年1月18日までに適合することが求められています。2018年の適合日より後に作成、もしくは変更されたすべての情報通信技術(ICT - Webサイト、Webベースのアプリケーション、電子文書を含みます)は新しい基準に適合しなければなりません。しかし、最終基準には下記のことを記したセーフハーバー条約が含まれています:

改定前の508条に適合している古い情報通信技術で、適合日以降に変更されていないもの(例:最終基準発行から1年後のもの)は、改定された508条に適合するために修正や更新をする必要はありません。しかし、すでに存在する情報通信技術が適合日より後に変更された場合、変更された部分は改定された508条に適合する必要があります。

同じように、新しいセーフハーバー条約はページ内で更新された箇所のみの適合を対象とする、一部適合を許容しています。

2.Web、ソフトウェアおよび電子文書 (コンテンツ)にWCAG AA 2.0を採用 - 新しいもしくは変更されたソフトウェア(ネイティブアプリ、アプリケーション、LMSなど)、Web(Webサイト、Webページ、Webアプリ)、デジタルコンテンツ(文書、公式機関からの情報、メディアやデータ)、そしてモバイルデバイス上のデジタルコンテンツはWCAG 2.0 AAに適合することが求められます。

  1. 電気通信法255条の更新 - 255条は連邦通信委員会の電気通信機器製造業者およびサービスプロバイダへのアクセシビリティの規則です。前回の255条の更新は2000年に行われました。255条の改定は、スマートフォンやモバイル技術など、21世紀の電気通信技術の現状に整合させることでした。255条の規則に影響があるのは電子通信機器のハードウェアだけではなく、スマートフォンに搭載されたアドレス帳や電話機能を持ったアプリなどのデバイスに欠かせないソフトウェアも255条に適合しなければなりません。

  2. オーサリングツールの適合 - これはMicrosoft Word、Microsoft Office、Dreamweaverなどのオーサリングツールすべてが対象です。これらのオーサリングツールはアクセシブルなコンテンツを作成するための機能を持っている必要があります。この機能はアクセシブルなコンテンツの作成に加え、アクセシビリティに関する情報などを制作者に要求する機能があることや、アクセシブルなテンプレートを含んでいることが求められます。

  3. 機能的パフォーマンス基準 - 最終基準によると:

改定された基準は機能的パフォーマンス基準を含み、それらは2種類の限られた条件で適応される成果に基づいた対策です:技術要件が情報通信技術の1つかそれ以上の項目に対応していない場合、もしくは同等の環境で代わりのデザインや技術の検討が必要とされる場合です

言い換えますと:サイトもしくはアプリケーションの一部が508条の技術要件で取り扱っていない技術やソフトウェアを使用していない(これはWebやモバイル技術の急速な進歩により時々起こります)、もしくは技術的に適合することがアクセシブルなユーザー体験を生み出さないという稀な状況によりアクセシブルではない場合、508条適合を見極めるため、機能的パフォーマンス基準を参照しなければならないということです。機能的パフォーマンス基準はこういったケースが起こった場合、情報通信技術を使用できない障害の種類に応じて代わりに操作する方法を提供することを求めています。以前は、508条にこのような特徴はありませんでした。508条改定では新たに認知障害、運動制限、さらに体力制限の抱えている問題を機能的パフォーマンス基準に加えました。これらの障害へのアクセシビリティ基準や実装方法は不足しがちなのです。

リハビリテーション法508条改定に関するさらなるリソース

これは508条の重要な変更点についての単なる概要です。アクセス委員会では508条の変更点や更新点を2017年2月2日午後2:30(EST)から予定されている508条改定オンラインセミナーでさらに説明します。

現在のガイドライン、それらの変更点、そしてWCAG 2.0のアウトラインをさらに理解するにはDeque Systems社の508条改定eGuideをご参照ください。そして508条改定についての最新情報や関連情報についてはブログ更新をお待ちください。

最新情報を知るといえば、アクセシビリティについて今から学び始めましょう。わかりやすいアクセシビリティトレーニングについてはDeque Systems社のDeque Universityをご確認ください。変更し続けるアクセシビリティ基準に適合するために、Deque Systems社のアクセシビリティ検証ツールをご確認いただいたり、アクセシビリティ診断についてにお問い合わせください。

WCAG2.0解説書の翻訳を終えて

アクセシビリティ・エンジニア 畠山

2016年12月末、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)より2016年3月17日付けのUnderstanding WCAG 2.0の翻訳版WCAG 2.0 解説書が公開されました。

WCAG 2.0 解説書は、WCAG 2.0(日本語訳)を理解するための参考文書であり、WCAG 2.0の関連文書の1つです。そして、これらWCAG 2.0の関連文書翻訳版のメンテナンスを行っているのは、WAICの作業部会4(翻訳)の委員およびオブザーバーの皆さんです。当社からも委員およびオブザーバーとして、計4人が参加しています。

現在作業部会4ではWCAG 2.0のもう1つの関連文書である、Techniques for WCAG 2.0の翻訳版WCAG 2.0 実装方法集を2016年3月17日付けのものにするべく、引き続き翻訳を行っています。

作業は継続中ですが、関連文書の公開を経ての所感を、当社の委員およびオブサーバーからコメントさせていただきます。

WCAG 2.0 解説書を翻訳するのは容易なことではありませんでした。原文が複雑で難しいことはもちろん、日本語では一般的ではない用語が出てくることもあり、翻訳の難しさを痛感しました。WCAG 2.0 解説書は複数人で翻訳しているため、訳文の統一がなされていない箇所もあります。そういった箇所の見直しは今後も作業部会で行っていく予定です。当面はWCAG 2.0 実装方法集の翻訳版の更新を進めていきます。
(アクセシビリティ・エンジニア 畠山)

文芸翻訳と技術翻訳の差異だけでなく、十人を超える人数での翻訳でしたので、表現の揺れ幅を抑えるべく、他の方の訳語や表現にいつも以上に留意しました。抽象性の高さを保ちつつ日本語に違和感なく落とし込む難しさにたびたび指が止まりました。また、統一を図るために中心で取りまとめを担当・準備してくださった方々のパワフルさと技術と深い知見と何より熱意に、大きな刺激をいただきました。貴重な機会を得られたことに感謝しつつ引き続き翻訳に取り組みます。
(アクセシビリティ・エンジニア 小出)

私はアクセシビリティの専門家ではなくWebディレクターです。なので、翻訳で注力したことは「この表現ならお客様は分かりやすいのでは?」「これを読んで新人Webディレクターはどう感じるか?」という非専門家の目線でした。非専門家として関わることで分かりやすさへ寄与することを個人目的としていましたが、翻訳作業部会を通じて他社/自社メンバーの思慮を知ることは当初考えていた以上に自身のWCAG2.0理解を深められたと思います。
(Webディレクター 山口)

「これから取り組むWebアクセシビリティ Vol.2」開催のお知らせ

取締役 木達

私自身を含め、当社より3名が作業部会委員として参加しているウェブアクセシビリティ基盤委員会が、来たる2月15日、都内でセミナー「これから取り組むWebアクセシビリティ Vol.2」を開催します。

これは、昨年7月開催の第一回(Vol.1)に続く、JIS X 8341-3を活用したアクセシビリティの確保や向上に「これから」取り組む、ないし取り組みを検討されている皆様を対象としたイベントの、第二回です。

日時
2017年2月15日(水曜日)14:00〜17:00(受付開始13:30〜)
定員
110名
会場
情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)
東京都港区浜松町2-2-12 JEI浜松町ビル3階 B/C/D/E会議室
対象
一般企業のWeb担当者の皆様、Web制作者の皆様
特に、これからWebアクセシビリティに取り組まれようとする方
参加料
無料
主催
情報通信アクセス協議会 ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)

Vol.2では、一般企業のWeb担当者の皆様、あるいは企業Webサイトの制作に関わっていらっしゃるWeb制作者の皆様を主な対象としています。企業がWebアクセシビリティに取り組む理由、また企業におけるWebアクセシビリティの取り組み方について講演を行った後、質疑応答の時間をもうけ、講演内容のみならず幅広くWebアクセシビリティについての質問にお答えする予定です。

ご興味・ご関心のある方は、ぜひご参加ください。詳細とお申し込み方法については、これから取り組むWebアクセシビリティ Vol.2をご覧ください。

Pick Up