Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。

「【フォーラム記録】電子図書館から考える!情報アクセシビリティをめぐる最新動向」が公開

取締役 木達

昨年11月に遡りますが、「電子図書館から考える!情報アクセシビリティをめぐる最新動向」に登壇という記事において、

なお、ディスカッションの内容については後日、書き起こしのうえ公開の予定と伺っています。当日参加された方も、そうでない方も、ディスカッションの内容に興味がございましたら、今しばらくお待ちいただきたいと思います。公開の暁には改めて、当アクセシビリティBlogでご案内します。

と予告していました。一昨日付けで、ディスカッションの内容含めフォーラム全体における発言の書き起こしが、【フォーラム記録】電子図書館から考える!情報アクセシビリティをめぐる最新動向で公開されました。盛田様の開会挨拶、植村様の趣旨説明、私の基調講演、そして登壇者全員による閉会挨拶と合わせて、当日のディスカッションの模様をご確認いただければと思います。

改めて自身の発言を振り返りますと、既存のPDFファイルをアクセシブルにすることの難しさを強調しすぎた感があります。しかし、後付けでPDFのアクセシビリティを確保する難しさはWebページの場合より格段に上、というのが個人的な体験に基づく感想です。後付けの前提では、Acrobat Proの「Touch Up 読み上げ順序」機能などを使って構造や読み上げ順を指定することになりますが、指定をする対象の要素をうまく選択できなかったり、選択できても相応しいタグが用意されていなかったり......という状況に、少なからず遭遇してきました。

アクセシビリティの高い電子書籍を実現するには、フォーマットにPDFを採用するかどうかに関わらず、後付けでなしに始めから、言わばアクセシビリティ・ファーストで制作に臨む必要があるでしょう。もちろん、アクセシビリティはコンテンツだけで担保できるものではありません。電子書籍コンテンツを処理するビューワーなりリーディングシステムのベンダー、さらにはコンテンツを利用するエンドユーザーといったそれぞれの立場にも、アクセシビリティを高めるためにできること、すべきことはあります。

電子書籍に関わる皆さんと連携・協調するなかで、同じゴールを共有しながら、今後のアクセシビリティ向上に取り組んでいきたいと願っています。それが、閉会挨拶における私の以下の発言の趣旨です:

今後、社会全体としてウェブ技術が浸透していく中で、みんなで一緒になって豊かな社会をどのように作っていくか、デザインしていくかというところが大事だと思っています。特に書籍は、直近で大事なテーマになってくると思いますので、ぜひ積極的にご参加いただければと思っています。

アクセシビリティ案件担当ディレクター、募集中

取締役 木達

標題の通りですが、当社アクセシビリティ部では業務の拡大に伴い、アクセシビリティ案件のディレクションに専門的に携わる担当ディレクターを募集しています。Webサイトの構築や運用に携わるディレクターと、担当いただく業務内容は基本的に同じであり、クライアントとの折衝や進行管理が主な業務ですが、担当いただく案件がWebアクセシビリティに特化している違いがあります。概ね以下のような項目が、業務内容となります:

Webアクセシビリティに関する実務経験の有無は問いません。むしろ、これから取り組んでみたいとお考えの方のほうが、既存の枠組みに捉われない柔軟な発想を生かし、活躍していただけると私たちは考えています。Webサイトの一般的なディレクション業務(ないし、それに準ずる業務)のご経験がおありで、かつアクセシビリティへのご興味・ご関心をお持ちでしたら、是非ご応募ください。

雇用形態、給与、諸手当等の詳細は、アクセシビリティ・コンサルタント/営業 募集要項に掲載の内容に準じます。応募される方は、キャリア採用 エントリーのページにて、必要事項の入力をお願いいたします(希望職種は「コンサルティング」を選択、自由記述欄にアクセシビリティ案件担当ディレクターへの応募の旨を記載してください)。またご質問につきましては、電子メールでjinji@mitsue.co.jpにて承ります。ご連絡、お待ちしております。

EPUBアクセシビリティ検証ツール、Aceのバージョン1.0がリリース

取締役 木達

DAISYコンソーシアムが、無料で使用できるオープンソースのEPUBアクセシビリティ検証ツール、Aceのバージョン1.0をリリースしました。Aceは、EPUB Accessibility 1.0に対する完全な準拠を検証するものではありませんが、しかし検証の一部を自動化・効率化してくれるものです。

Aceは、アクセシビリティ検証のためにaXeを内蔵しています。aXeについては先日、Dequeのアクセシビリティライブラリー、aXe-coreが100万ダウンロードを達成という記事で言及しましたが、Deque Systems社がオープンソースで開発しているもので、Chromeの開発者ツールにも組み込まれています。

閑話休題。Aceは、Node.JSのバージョン6.4.0以上がインストールされた環境において、npmコマンドで簡単にインストールすることができます。検証対象となるEPUBファイルと、検証結果の保存先を指定して、コマンドラインから実行するのが基本的な使用方法です。

全文を読む

Webアクセシビリティに対するWix.comの取組みとATAG 2.0

取締役 木達

無料ホームページ作成サービスのWix.comが、Webアクセシビリティについてというページを公開。同社のサービスを利用して、アクセシブルなホームページを作成するためのヒントを提供していました。同社のHow to Make Your Wix Website AccessibleというBlog記事によると、同ページの英語版は昨年12月14日に公開されていたようです。

同ページで紹介されているのは、本稿執筆時点では代替テキストの提供と見出し要素の適切な利用の2点だけですが、そこからリンクをたどった先にあるサイトのアクセシビリティを上げるというページでは、色のコントラストやキーボード操作への対応などにも言及されています。

こうしたヒントや、また実際にアクセシビリティを高めるための機能をユーザーに提供されているのは、素晴らしい取り組みであると私は思います。同時に、先述のWix.comのBlog記事で明かされているわけではないものの、これは私にはATAG 2.0の一部項目への準拠を意図した取り組みに映ります。ATAGとはAuthoring Tool Accessibility Guidelinesの略語で、W3C/WAIの策定するガイドラインのひとつ。その最新バージョンであるATAG 2.0は、2015年9月に勧告されました。

Webコンテンツを対象としたガイドライン、WCAGと比べ取り上げられる機会は少ないように感じられますが、Webコンテンツを制作するためのオーサリングツール(CMSやDreamweaverに代表されるアプリケーションなど)のアクセシビリティにとって、ATAGは欠かせないガイドラインです。ATAG 2.0は大きく2つの部分からなり、オーサリングツールのUIがアクセシブルか、そしてそのツールを使ってアクセシブルなWebコンテンツを制作できるかどうか、の双方についてガイドラインを取りまとめています。

Wix.comのアクセシビリティ向上のための取り組みが、今後ますます充実するとともに、他のあらゆるオーサリングツールにおいても、同様の取り組みが普及することを期待します。なお、ATAG 2.0については有志の方が一部を訳された日本語訳がありますが、それを元に今後はウェブアクセシビリティ基盤委員会の作業部会4(翻訳)が管理・公開する予定となっています。

Dequeのアクセシビリティライブラリー、aXe-coreが100万ダウンロードを達成

取締役 木達

(この記事は、2018年1月10日に公開された記事「Deque's Accessibility Library - aXe-core hits 1,000,000 Downloads」の日本語訳です。Deque Systems社の許諾を得て、お届けしています。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。)

aXe-coreにとって、2017年はエキサイティングな年でした。年の初めに、GoogleがaXe-coreを監査ツールのLighthouseに組み込む予定であることを知りました。その後、aXeはChromeの開発者ツールの一部となり、2,000万に及ぶユーザーに対してアクセシビリティ監査を身近なものにしました。秋にはMicrosoftが、同社の検証ツールであるSonarwhalにaXe-coreを組み込むことを発表。そして2018年を迎え、npmのサイト上でaXe-coreのダウンロード数が100万を記録しました。

ダウンロード数の折れ線グラフaXe-coreが100万ダウンロードを2017年末に達成するまでのダウンロード数の履歴

オープンソースとしてaXe-coreをリリースした2015年当時、私たちはaXe-coreがアクセシビリティ検証の標準化を推進することを期待していました。Web開発者やアクセシビリティの専門家が、機械的なアクセシビリティ検証におけるルールの標準化に合意できれば、WCAGへの不適合や解釈について無駄に時間を浪費することなく、不適合の発見と修正のための最良の方法に注力できるようになります。それは時に、皆で立ち上がって一緒に『Kumbaya』を歌うような、非現実的なファンタジーに映ります(訳注:Kumbayaとは黒人霊歌、スピリチュアルソングの一種)。幸いにして、人々はアクセシビリティ検証ルールを共有するというアイデアに賛同し、またDequeのチームが生み出したルールエンジンが最も優れていると認めています。今や、10万ユーザーがブラウザー拡張でaXe-coreを利用しています。

GoogleとMicrosoftがaXeを支持し、そしてWebページの検証や監査のためのツールにおいてアクセシビリティに一定の優先度を与えてくれていることを、私たちは嬉しく思います。しかしそれは、皆さんがツールを使い実際にWebをアクセシブルにするよう取り組んでくださってこそです。ブラウザー拡張であれGithubリポジトリであれ、あるいはChromeの開発者ツール、Sonarwhal、WorldSpace Attestであれ、aXe-coreを使ったり、もしくはaXe-coreに貢献されているすべての人々に感謝します。100万回に及んだダウンロードの一回一回は、何がしかをアクセシブルにしようと試みる人々の表れであり、私たちは皆さんに拍手を送ります。その取り組みをこれからも続けてください。

Lighthouse 2.7のリリース

取締役 木達

Googleがオープンソースで開発している監査ツール、Lighthouseバージョン2.7がリリースされました。主な変更点として挙げられているうち、個人的に気になったのが手動によるアクセシビリティ監査です。Lighthouseはこれまで、表示しているWebページやWebアプリのアクセシビリティについて、機械的に自動で実現可能な監査を提供してきましたが、加えて

という10項目の手動監査を提示するようになりました(各項は著者による意訳)。

Chrome拡張版のLighthouse 2.7を使いアクセシビリティ監査を行った結果のスクリーンショット

機械的な監査に加えて、これらすべてを満たせばアクセシビリティ品質は完璧か? というと、そうは言い切れません。Lighthouseの提供する監査は、自動によるものと今回新たに提示された手動によるものを足し合わせても、WCAG 2.0で定義されているガイドラインすべてを網羅しているわけではありません。

しかし手動監査の提示は、非常に有意義であると私は思います。機械監査でたとえ100点満点のスコアを獲得できたとしても、それで慢心してはいけないというメッセージとして有効と考えるからです。同時にWebデザイナーやWeb開発者に対して、Webアクセシビリティのすべてを機械的にチェックすることは(少なくとも現時点では)難しい、との共通認識をもたらす意味でも有効ではないかと思います。

Lighthouse 2.7はChrome 65に同梱されますが、リリースはまだ少し先です(Chromium Development Calendar and Release Info参照)。今すぐLighthouse 2.7を利用するには、Chrome用の拡張をお使いいただくか、開発者向けのChrome Canaryでお使いください。

2018年のWebアクセシビリティ

取締役 木達

当社アクセシビリティ・エンジニアの黒澤が執筆した、2018年のWebアクセシビリティという記事が、1月5日付けで公開されました。同記事は技術評論社様の新春特別企画に寄稿させていただいたもので、黒澤は2014年から5年連続でWebアクセシビリティの動向について執筆しています。過去の黒澤の記事は本日時点でも公開されていますので(アクセシブル!)、もしご興味がございましたら今年の掲載分と併せて是非ご覧ください:

2018年のWebアクセシビリティ、最大の注目株は何と言ってもWCAG 2.1でしょう。黒澤の記事においても、その前半がWCAG 2.1への言及に割かれていますが、果たして予定通り今年6月にW3C勧告となるかどうか? それは現在公開されている最新の12月7日付け草案に対し寄せられるコメント次第でしょう。

コメントの受付期限は1月12日であり、残すところあと数日しかありませんが、WCAG 2.1を策定するW3C/WAIのAccessibility Guidelines Working Groupに日本から参加されている株式会社インフォアクシア植木氏のBlog記事、「WCAG 2.1」達成基準候補の日本語訳|ブログ|エー イレブン ワイ[WebA11y.jp]

原則として、英語で提出する必要がありますが、日本語でもかまいません。日本をはじめ、英語圏以外からも意見や質問が少しでも多く寄せられることをワーキンググループでも期待しています。英語が苦手な方は、日本語でコメントをお送りください! あとはワーキンググループ内で私が何とかします

という大変ありがたいお申し出が記されていますので、Webアクセシビリティに興味・関心のある方、特にWCAGやJISを使ってアクセシビリティに取り組んでいらっしゃる方は是非、草案を確認のうえコメントを寄せられては、と思います。

さて、黒澤の記事では後半、「メディアのアクセシビリティ」と題し映像や音声のアクセシビリティに関する現状や将来予測に触れられていますが、もし仮に私が同じ「2018年のWebアクセシビリティ」という記事を書いたなら、後半は出版に関する動向に触れただろうと思います。

昨年2月のW3CとIDPFの統合から早くも1年が経とうとしていますが、W3C Publishing Working Groupから3つの仕様について初めての公開草案が1月4日に公開されました(Publishing WG Publishes 3 FPWDs | W3C Blog参照)。それらについてはまた記事を改めて紹介できればと考えていますが、Web技術の出版への応用が2018年にはいよいよ本格化し、それに伴って電子書籍のアクセシビリティについても改善の機運が一層高まるものと期待しています。

Pick Up