Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供します。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。

WCAG 2の達成基準はなぜ3回の閃光なのか

アクセシビリティ・エンジニア 中村(直)

WCAG 2.1では、達成基準2.3.1として3回の閃光、又は閾値以下というものがあります。この3回という回数は何に由来するものなのでしょうか。この達成基準の上位にあたるガイドライン2.3 発作と身体的反応では次のような記載があります。

発作性障害のある利用者は、閃光を放つ視覚的なコンテンツによって発作を引き起こすことがある。ほとんどの利用者は、発作が起こすまでは自分がこの疾患を持っていることに気づかない。1997 年に、日本でテレビのアニメ番組が 700 人以上の子どもたちを病院に搬送させる事態を招き、そのうち約 500 人が発作を引き起こした。

この事件は通称ポケモンショックとして知られ、政府の対応としては厚生省(当時)が「光感受性発作に関する臨床研究班」を発足させ、また郵政省(当時)も「放送と視聴覚機能に関する検討会」を設置するに至りました。なお、現厚労省から当時の厚生科学特別研究 光感受性発作に関する臨床研究(速報版)が、現総務省から同じく「放送と視聴覚機能に関する検討会」報告書がWebで閲覧できます。

「放送と視聴覚機能に関する検討会」報告書の第4章 映像表示手法の在り方では、イギリスの対応として以下のものが紹介されています。

(1)経 緯

ア ITCコード策定の契機

1993年4月、Golden Wonder社のカップ麺のコマーシャルを視聴していた者から、不快感を引き起こすという苦情が出たことから、独立テレビジョン委員会(Independent Television Commission 以下「ITC」という。)は番組コード及びガイダンスを策定することとなった。

(中略)

イ 策定過程

ITCは、ガイダンスの策定に当たり、PSE(Photosensitive Epilepsy:光感受性てんかん)の研究の第一人者であるハーディング教授(アストン大学)に本件の調査及び素案の作成を依頼した。 同教授は、700人以上のPSE症状発現者を対象に検査を実施し、ガイダンスの素案を作成した。

(中略)

(2)ITC番組コード及びガイダンス

イ ITCガイダンス

3 3Hz(1秒間に3回)を超える速度での光の点滅や急速変化・明滅画像は避けるべきである。(以下略)

このITCガイダンスで、1秒間に3回という基準が既に決められていた、ということになります。

そして、政府の報告書と前後して、1998年にNHKと日本民間放送連盟は共同でアニメーション等の映像手法についてというガイドラインを策定しています。この記事の執筆時点で最新のものは2020年に改訂されたものですが(1998年当時のものはInternet Archiveで見ることができます)、「映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避ける」という文言は、ITCガイダンスと同様であり、1998年に策定された当時から変わりありません。

また、上記ガイドラインで改訂のきっかけとして言及のある、ITU(国際電気通信連合)によるITU-R勧告BT.1702と呼ばれる国際標準が2005年に定められています。この勧告はITUのWebサイトから入手可能です。

これらのガイドライン等が、WCAG 2.1解説書の達成基準2.3.1 3回の閃光、又は閾値以下で記載されている

この達成基準は、英国及び諸国でテレビ放送向けに用いられている既存の仕様に基づいており

と対応するということになります。

さて、こういった決まりが存在することはわかりましたが、ではハーディング教授の調査の内容はどのようなものだったのでしょうか。前述の「放送と視聴覚機能に関する検討会」報告書では「(3)ITCガイダンス策定の根拠」では図が省略されていますが、テレビ東京の開局35周年記念事業 特別講座 「テレビが視聴者に与える身体的、社会的影響について」にて同じ図が説明とともに記載されています。

このページを要約すると、

  • 目から入る光刺激に"過敏"な体質、つまり光感受性反応の因子を持つ人が存在する
  • ハーディング教授は実際に光感受性反応の因子を持つ人を対象にテストを行った
  • 日本のテレビの放送方式(NTSC)に相当する、1秒間60回の光の点滅では、因子を持った人の15%に脳波の異常が現れた
    • テレビを見る限り、リスクをゼロにはできない
  • 15%以下の異常の比率を見ると、1秒間に3回の場合に因子を持つ人の3%が、4回は4%、5回は11%に脳波の異常が見られる
  • イギリスの貿易産業省がゲームてんかんの時に調査した結果によると、全国民で10万人で1.1人が実際に倒れている
  • 10万人分の1.1人×3%(1秒間に3回)で計算すると300万分の1になる
    • 1秒間に3回以内の光の点滅であれば、300万人に1人のリスクの確率となり、リスクとして十分抑えていると言える

となります。このようにして1秒間に3回という閾値が決められたということになります。ハーディング教授のレポートまでたどることはできませんでしたが、こうして基準が決められた経緯を調べていくと個人的には納得できるものがあり、興味深かったです。

最後に、この記事は、Webアクセシビリティに興味のある人が集っているSlackのコミュニティA11YJで閃光について話題になっていたことに着想を得ました。この場を借りて話題を提供してくださった方々にお礼申し上げます。

大学におけるWebアクセシビリティに関連する科目

アクセシビリティ・エンジニア 中村(直)

今年の7月初頭に高校の「情報」教科に見るWebアクセシビリティと題して、高校におけるWebアクセシビリティの教育について見てみました。では、大学の科目等でWebアクセシビリティに関して学べるものはあるのでしょうか。ごく簡単にですが、Webで調べてみたところ、アクセシビリティに関して学べる2種類のものを見つけることができました。

1つは、アクセシビリティリーダー育成協議会が実施する、アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)です。2020年現在では、19の大学でプログラムに基づいた科目が開講されているようです(会員団体による)。

例えば、最初期からこのプログラムに参画している広島大学のアクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)をのぞいてみますと、実際にどのような講義が行われているのかを垣間見ることができます。

第1教育課程と位置づけられているオンライン講座について、その概要はオンラインアクセシビリティ講座から見ることができます。

プログラムの名称からもわかりますが、Webアクセシビリティに限らず、アクセシビリティ全般についての講座となっています。そもそもアクセシビリティとはどのようなものなのか、といったところから始まり、「情報とアクセシビリティ」という観点から、Webアクセシビリティが検討されていくと思われます。

第2教育課程と位置づけられる講座については、実習のものと座学のものが開講されています。座学に関しては、障害者支援アクセシビリティ概論現代アクセシビリティ研究がそれぞれシラバスになります。シラバスからは、どの程度Webアクセシビリティに触れるのかを伺い知ることは難しいですが、個人的には、障害者支援アクセシビリティ概論で各種の障害と支援方法というものが興味を惹くところであります。

しかし、受講するにあたっては、基本的には開講している大学に入学していることが前提になります。また、社会人が働きながらこのようなプログラムを履修するのはかなりハードルが高いと考えられます。その点、もう1つの放送大学であれば、特別な入学資格なしに科目履修生として履修することができます。

もっともWebアクセシビリティに近しい科目としては、情報コース情報社会のユニバーサルデザイン('19)が挙げられます。科目名にもあるとおり、ユニバーサルデザインに主眼を置いて講義がなされますが、アクセシビリティについても触れられています。実際に「第9回 コンテンツのアクセシビリティ」では、

Webコンテンツのアクセシビリティを確保するために必要な配慮について解説する。また、Webアクセシビリティは電子書籍などWeb以外の様々なコンテンツにも応用されていることについて解説する。

とあり、Webアクセシビリティそのものが取り上げられる回もあります。放送大学「情報社会のユニバーサルデザイン('19)」(テレビ科目紹介)という動画もYouTubeにあるので、興味のある方はのぞいてみるとよいかもしれません。

あるいはWebアクセシビリティから離れて、生活と福祉コースに目を向けてみますと、障害を知り共生社会を生きる('17)という科目も目を惹くものがあります。講義概要には、

障害者といえば、車いすを使っている人を連想する人が多いが、障害の種類は多く、それぞれの障害の特徴は多様である。障害の概念や障害をめぐる思想を理解するだけでなく、権利の尊重、日常生活や社会生活の実態、国の障害者施策や法律など、障害者理解を促進させる内容を多角的に学習する。さらに、理解しにくいと考えられる障害を取り上げ、個別の障害の特徴を詳細に学習する。

とあり、障害を取り巻くものを包括的に学べるようになっているようです。また、大学院の講義になりますが、情報学研究法「障がい者支援研究法」といった研究科目も伺えます。

とても簡単ではありますが、Webアクセシビリティに関連する科目を眺めてみました。ここで取り上げた大学の講義を通してWebアクセシビリティを学ぶことを考えますと、Webアクセシビリティそのものを学ぶよりかはむしろ、Webアクセシビリティを取り巻くものを通してWebアクセシビリティを捉え直すような格好になると思われます。これは、Web自体が誕生してから30年ほどしかたっていないことも挙げられるでしょうが、「アクセシビリティ」という言葉の概念自体が日本の社会のみならず、学術的にもあまり浸透しているとは言えない、とも捉えることができるのかもしれません。

Webアクセシビリティというところから離れた自省的なまとめになってしまいますが、アクセシビリティとはなにか、どのような文脈で捉えるとよいのか、という素朴な問いかけに筆者の中で改めて向き合う必要性を感じました。

WCAG 2.2の勧告スケジュールと、次世代のガイドラインについて

アクセシビリティ・エンジニア 中村(直)

WCAG 2.2を策定しているAccessibility Guidelines Working Group (AG WG)のProject Planのページが今月になって更新されていました。これによると、WCAG 2.2の勧告までのスケジュールは次のようになっています。

Candidate Recommendation(勧告候補)
2021年2月
Proposed Recommendation(勧告案)
2021年4月
Recommendation(勧告)
2021年6月

筆者の受ける印象としては、現実味のある地に足のついたスケジュールではないかと感じています。当社からのコメントを含めたGitHubに報告されたWCAG 2.2のコメント群について対応していくとなると、どう考えても3カ月はかかると見込まれますから、来年の2月に勧告候補を発行する予定というのはそれなりに妥当ではないかと思われます。

勧告候補まで到達すれば、後は粛々と勧告に向けて突き進んでいくでしょう。勧告候補から勧告までの日程は、WCAG 2.1のときと大きく変わらないものになると思われます(実際に、WCAG 2.1のときは、1月末に勧告候補となり、6月に勧告となりました)。

さて、この記事のタイトルには「次世代のガイドライン」と銘打ちましたが、これは長らくW3CでSilverと呼ばれて開発が進められている、文字通り次世代のガイドラインのことを指します。その名前だけは既にご存じであるという読者の方もおられるかもしれませんが、前述のProject Planでは、このSilverのFirst Public Working Draft(最初の公開草案)が、11月に公開予定であることが記されています。2023年に勧告とあることからもわかるように、まだまだ先の話ですから、この数字はあくまでもAG WGの願望込みのものであると捉えるのがよいでしょう。

そのSilverに関して、Editor's Draft(編集者草案)にざっと目を通したところ、確かに公開草案を発行してもそれほど不思議ではないところまでに形になっていることが見て取れます。内容については、これまでのWCAGとは様々な面で一線を画すものになっていると言えるでしょう。もっとも、去年の今頃はここまではっきりとした形にはなっていなかったと記憶していたため、ここまでに仕上がっていることに軽い驚きを覚えているところではあります。

筆者の雑感としては、WCAG 2.2の動向だけでなく、Silverについても本腰を入れて動向を見守る必要が出てきたことだけは確かだろうと思っているところです。

TCシンポジウム2020でWebアクセシビリティのセッションを再演

取締役 木達

新型コロナウイルス感染症の影響により、来月に予定されていたTCシンポジウム2020の京都開催も、On the Web(=オンライン)での開催となりました。その際、8月に私が担当したセッション再演させていただくことになりましたので、お知らせします。

内容的には8月開催時のものと同一の予定です。お聞き逃しになったテクニカルコミュニケーターの皆様には、ぜひこの機会にご参加いただければ幸いです。

イベント
テクニカルコミュニケーションシンポジウム2020
日時
2020年10月7日(水)〜9日(金)
形式
オンラインライブ配信
参加料
一部の有償セッションを除き無料
※ 私の登壇セッション(KT05)は有償です

セッション「TCが押さえておきたいWebアクセシビリティのポイント」詳細

日時
2020年10月9日(金)10:00〜12:15(途中11:00〜11:15に休憩あり)
講義の概要

今やマニュアルをはじめとする使用情報をWebで提供することは当たり前になってきている。今後ますますWebが主流になっていくだろう。

Webに公開した情報は、さまざまな人が目にして、利用する。平成28年4月に障害者差別解消法が施行されて以降、Webの世界ではアクセシビリティ/Webアクセシビリティへの配慮が進んできているが、我々TCが提供している情報はどうだろうか。ユーザーの「使いやすさ」を考慮して作っているだろうか。アクセスしやすい形でユーザーに適切に届き、利用されているだろうか。

Webコンテンツをよりアクセシブルにするためガイドライン「WCAG」をご存じの方も多いと思う。とはいえ、いざ取り組もうとすると、何から手を付けていいのかわからないのが現実ではないか。

そこで本セッションでは、前半でWebアクセシビリティの概念と必要性を学び、後半ではTCが特に押さえておきたいポイントについて学ぶ。

イベントの詳細、また参加のお申し込みにつきましては、テクニカルコミュニケーションシンポジウムのWebページをご覧ください。

Deque Systemsが新たなデジタルアクセシビリティのカンファレンス「axe-con」を開催(2021年3月10〜11日)

取締役 木達

(この記事は、2020年8月31日に公開された記事「Deque Systems announces axe-con, a new, digital accessibility conference: March 10-11, 2021」の日本語訳です。Deque Systems社の許諾を得て、お届けしています。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。)

デジタル領域におけるアクセシブルな体験を構築、テスト、維持するすべてのプロフェッショナルにとって役立つ、無料で複数トラックからなるオンラインイベント

まったく新しいデジタルアクセシビリティのカンファレンス、axe-conについてお知らせできることを、Dequeは喜ばしく思います。

axe-conは、デジタルアクセシビリティを取り扱うオープンでインクルーシブなカンファレンスで、開発者、デザイナー、ビジネスリーダー、あらゆる経験レベルのアクセシビリティ専門家を歓迎します。これはアクセシブルなデジタル体験の構築、テスト、維持に焦点を当てた新しいカンファレンスです。

参加無料のこのオンラインイベントは、2021年3月10日から11日にかけて開催します。現時点で既に登壇が確定している講演者にはVint Cerf氏、Haben Girma氏、Dylan Barrell氏がいます。正式に演題の募集を開始したことで、より多くの講演者の登壇が見込まれます。

登壇者(左から、Google 副社長兼チーフ・インターネット・エバンジェリストのVint Cerf氏、弁護士で障害者の権利が専門のHaben Girma氏、DequeでCTOを務めるDylan Barrell氏)

WCAG 2.2作業草案の更新

アクセシビリティ・エンジニア 中村(直)

筆者が先週に夏期休暇を取得していたこともあって本Blogでの紹介が遅くなりましたが、8月11日付けのWCAG 2.2の作業草案について更新がアナウンスされていました(Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.2 Draft for Review | W3C Blog)。前回の公開が2月末でしたから、6カ月ほどの時間が経ったことになります(前回の公開については、WCAG 2.2の最初の公開作業草案が発行されましたも参照ください)。

W3C Blogには9つの新しい達成基準(Success Criteria; SC)が記載されています。以下にLevel別にまとめてみました。

Level A
SC 2.4.13 Fixed Reference Points
SC 3.2.6 Findable Help
SC 3.3.7 Accessible Authentication
SC 3.3.8 Redundant entry
Level AA
SC 2.4.11 Focus Appearance (Minimum)
SC 2.5.7 Dragging
SC 2.5.8 Pointer Target Spacing
SC 3.2.7 Hidden Controls
Level AAA
SC 2.4.12 Focus Appearance (Enhanced)

これら達成基準の日本語の試訳については、Website Usability Info改めAccessible & UsableさんがWCAG 2.2 Working Draft (2020年8月11日版)として前回の草案同様に公開していますので、そちらもあわせて参照するとよいでしょう。

なお、SC 2.4.7 Focus VisibleがLevel Aに変更になっているのは前回同様です。ちなみに、前回の草案で2.4.11 Focus Visible (Enhanced)とあったものは、Focus Appearance(Minimum/Enhanced)と名前を変えて2つになったようです。

まだ全てについて詳細には目を通せていないのですが、SC 2.5.8 Pointer Target SpacingについてはNOTEにエディターによる注記が見受けられ、まだ達成基準として詰め切れていない印象を受けました。

前述のW3C Blogによると、今回の作業草案の更新をもって、WCAG 2.2でのこれ以上達成基準の新規追加はないとのことです。この作業草案へのレビューコメントは、9月18日までに行ってもらいたいとのことです。

また、現在のところ、WCAG2系列の後続(たとえばWCAG 2.3)を開発するつもりはないとも記されています。これについては含みを持たせているあたり、WCAG 2.3が策定されることがありえるかもしれませんが、ワーキンググループとしては作業中の次世代のガイドラインである"Silver"に労力を割きたいところではあるのでしょう。

最後にWCAG 2.2の勧告については、2021年の中旬には発行したいとのこと。WCAG 2.1が勧告されたのは2018年ですから、それから3年で新たに達成基準が追加されるというビジョンが現実味を帯びてきました。引き続きWCAG 2.2について注視していきたいと思います。

テクニカルコミュニケーションシンポジウム2020に登壇

取締役 木達

来たる8月27〜28日、テクニカルコミュニケーションシンポジウム2020のオンラインライブ配信が催されます。これは、一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会(以下「TC協会」)の主催するシンポジウムで、32回目となる今年は「駄文撲滅 ~伝わらないリスクと伝わる価値~」が全体テーマであり、また初めてのオンラインライブ配信形式での開催となります。

同シンポジウムにおいて私は昨年に続き登壇、セッション「TCが押さえておきたいWebアクセシビリティのポイント」を担当させていただきます。

イベント
テクニカルコミュニケーションシンポジウム2020
日時
2020年8月27日(木)、28日(金)
形式
オンラインライブ配信
参加料
一部の有償セッションを除き無料
※ 私の登壇セッション(TT03)は有償です

セッション「TCが押さえておきたいWebアクセシビリティのポイント」詳細

日時
2020年8月28日(金)10:00〜12:15(途中11:00〜11:15に休憩あり)
講義の概要

今やマニュアルをはじめとする使用情報をWebで提供することは当たり前になってきている。今後ますますWebが主流になっていくだろう。

Webに公開した情報は、さまざまな人が目にして、利用する。平成28年4月に障害者差別解消法が施行されて以降、Webの世界ではアクセシビリティ/Webアクセシビリティへの配慮が進んできているが、我々TCが提供している情報はどうだろうか。ユーザーの「使いやすさ」を考慮して作っているだろうか。アクセスしやすい形でユーザーに適切に届き、利用されているだろうか。

Webコンテンツをよりアクセシブルにするためガイドライン「WCAG」をご存じの方も多いと思う。とはいえ、いざ取り組もうとすると、何から手を付けていいのかわからないのが現実ではないか。

そこで本セッションでは、前半でWebアクセシビリティの概念と必要性を学び、後半ではTCが特に押さえておきたいポイントについて学ぶ。

イベントの詳細、また参加のお申し込みにつきましては、テクニカルコミュニケーションシンポジウムのWebページをご覧ください。