Microsoft : 一目でわかるコーポレートガバナンス

アメリカのテクノロジー大手Microsoftは、シンプルな概況報告書をWebサイト上で公開し、訪問者に向けてコーポレートガバナンスの指標すべてを明らかにしています。

(この記事は、2020年9月8日に公開された記事「Microsoft : Corporate governance at a glance」の日本語訳です。)

Screenshot of Microsoft's corporate governance index page

The Feature(実際に行われたこと)

MicrosoftのIRサイトには、「Board & ESG (各取締役会とESG※)」というカテゴリーがあり、この中にコーポレートガバナンスというセクションがあります。

※ ESG:環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の頭字語

そして、セクションのインデックスページには、コーポレートガバナンスの概況報告書へのリンクがあります。

この概況報告書では、コーポレートガバナンスにおける30の指標と、関連する事実と数字を表形式で掲載しています。そこには「社外取締役の数」や「監査委員会の財務専門家の数」のほか、Microsoftに特定のポリシーや行動規範があるかどうかの詳細も含まれます。

事実と数字の中にはリンクになっているものがあり、クリックすると関連する別のWebページかWord文書のいずれかが開いて、詳細が表示されます。

The Takeaway(ここから得られる知識)

ほとんどの企業は、ジャーナリストが会社概要をすばやく理解できるよう、概況報告書をWebサイト内のメディア向けカテゴリーに掲載しています。コーポレートガバナンスのカテゴリーに概況報告書を掲載しているケースはまれです。

Microsoftが掲載しているコーポレートガバナンスの概況報告書には、見習う価値があります。そのいくつかの理由を紹介しましょう。

まず、すべての主要なコーポレートガバナンスの指標が一目瞭然です。ESGアナリストやその他の訪問者は、Microsoftの全体像を理解するために、カテゴリー全体を掘り下げて調べる手間が省けます。

次に、概況報告書の各指標は、より詳しい情報へのリンクを含んでいます。詳しく調べたい訪問者にとって、このページは効果的な「目次」として機能します。

最後に、概況報告書はPDFではなく、レスポンシブ対応したWebページで提供しています。そのため、モバイル環境でもデスクトップPCと同じくらい快適に読むことができます。

https://www.microsoft.com/en-us/Investor/corporate-governance/faq-factsheet.aspx

Information

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。