Valmet : 投資家向けBlogの長所と短所

フィンランド・エスポーに本社を置くValmetは、投資家向けBlogを運用しています。堅さのないBlogは投資家にとって良い情報源ですが、IRチームはそれを定期的に更新しなければなりません。

(この記事は、2021年7月13日に公開された記事「Valmet: Blogging for investors」の日本語訳です)

screenshot of Valmet's investor blog

The Feature(特筆すべきこと)

紙・パルプ・エネルギー関連の技術・サービスを取り扱い、2013年にメッツォグループから分離独立したフィンランドのValmetは、投資家向けのBlogを運用しています。このBlogは同社のIR担当者が書いています。

最近は、次のようなテーマで投稿しています。「サステナブルな繊維生産におけるValmetの役割」、「市場に好影響を与えた第1四半期の決算報告」、「Capital Markets Day(投資家向け情報共有イベント)の重要メッセージ」などです。

The Takeaway(ここから得られる知識)

Blogは、投資家やジャーナリストなど、投資の観点から企業をフォローしている人たちに、定性的な情報を柔軟な形で伝えられる手法です。

また、開示性や透明性のほか、投資家への情報提供のために、企業が一歩踏み込んだ努力を続けていることを、伝える手段としても優れています。

問題は、他のBlogと同様に、一度開始すると定期的に更新しなくてはならず、運用の負担がかかることです。

ValmetのBlogは賛否が分かれるところです。通常、月1回のペースで投稿していますが、昨年10月末から今年2月初めにかけて投稿がありませんでした。この時期は繁忙期で、IRチームは忙しかったのでしょう。

おそらく、多くのIRチームがBlog開設を見送る理由は、この時間的な負担にあるのではないかと思います。

https://www.valmet.com/investors/investor-relations/ir-directors-blog/

Information

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。