ESLint v3.5.0 リリース、JSCS との関係

UI開発者 渡邉

先日、ESLint v3.5.0がリリースされました。

このリリースでは、新しいルールがいくつか追加されています。そのうちの1つに、line-comment-positionがあります。

line-comment-positionは、行コメントの位置やコメント内容のパターンを指定し、そぐわない場合はエラーを出力するためのルールです。このルールはJSCSvalidateCommentPositionルールから逆輸入されたものです。

ここで1つ疑問が生じます。なぜESLintは、JSCSがあるのにルールを逆輸入したのでしょうか?

実は、JSCSはv3.0でメジャーバージョンアップを終了したのです。そして、JSCS開発チームはESLintチームと合流しました。この合流により、JSCSはメンテナンスのみが行われるようになり、かわりにESLintへJSCSのルールが追加されることになったのです。

まだESLintへのJSCSルール追加は完全でないため、しばらくの間は、引き続きESLintとJSCSが併用されることになるでしょう。しかし、将来的にはルール追加が完了し、ESLintのみでJSCSが実装しているルールを利用できることになる予定です。

将来のために、今からESLintのバージョンアップ情報を追いかけてみるとよいでしょう。