Google Chrome 56 から、position: sticky;のフラグなしサポート開始

UI開発者 渡邉

Google Chrome 56から、position: sticky;がchrome://flags/で「試験運用版のウェブ プラットフォームの機能」フラグを有効にしなくても使えるようになります

これまで利用できなかった新しいCSS機能が利用できるようになることは、とても喜ばしいことですね。

以前までは、Mozilla Firefoxでは有効、Apple Safariでは-webkit-プレフィクスつきで有効という状況でした。

Microsoft Edgeでは、現在開発中です。

IE11未満では使用できないため、fixed-stickystickyfillといったPolyfillライブラリを用いて、擬似的に実装する必要があります。そのため、まだposition: sticky;は、Polyfillライブラリの力を借りなければ、案件に耐えうる状態ではないといえるでしょう。

とはいえ、新仕様は着々と実装されてきています。その動向を、逐一追いかけていきたいと考えています。