Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > フロントエンドBlog > 2017年4月 > IE9サポート終了・CSS Flexible Box Layout Moduleの利用拡大

フロントエンドBlog

Webのフロントエンドを構成する技術、特にHTMLやCSS、JavaScript、またそれらに関連する話題を扱うBlogです。

IE9サポート終了・CSS Flexible Box Layout Moduleの利用拡大

UI開発者 渡邉

去る2017年4月11日、Windows Vistaのサポートが終了し、それとともにIE9のサポートも終了しました。

IE9をサポートしなくてもよくなったことで、結果的にIEは(大多数の環境で)IE11のみをサポートすればよいことになりました。

IEはIE11のみをサポートすることで、様々な新仕様が大々的に利用できるようになりました。その代表格ともいえるのが、CSS Flexible Box Layout Moduleです。

モバイル環境を含め、CSS Flexible Box Layout Module仕様をサポートしているWebブラウザは多岐にのぼりますPolyfillを使う必要は、もうありません。今すぐにでも使っていける仕様です。

しかしこのCSS Flexible Box Layout Module仕様、実装側(Webブラウザ側)のバグが多数見つかっています。そんなバグたちをまとめてくれているのがFlexbugsです。Flexbugsはバグの回避方法も提示してくれているため、実装者の助けになることでしょう。

IE9をサポートしなくてもよくなったことで、これからはCSS Flexible Box Layout Moduleの利用も拡大していくことでしょう。