Flashではベクターグラフィックに加え、ビットマップグラフィックも扱うことができます。ビットマップグラフィックはピクセルの集合体で構成された画像で、拡大するとピクセルのギザギザが目立つので注意が必要です。Flashでは1ピクセル未満の位置指定により、ビットマップ画像に微妙なズレが生じる場合があります。その場合はピクセルにスナップコマンド等を用いて端数を持った位置指定を避けたり、微妙なサイズ変更等をすることによって回避されることがあります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報