コモディティとは、日用品で、消費者がどこのメーカーが作ったものかにこだわらず、基本的な機能さえ備わっていれば購入するものです。塩、砂糖、茶碗・皿、なべなどの食器、ティシュペーパー、くし、くつべら、ビニール傘などがその例です。ブランド要素が明確でない、他商品との機能・ベネフィットの差異を消費者が認識していないなどのためにブランド構築がされていない状態です。企業にブランド構築をする意思がない場合、意思はあるが成功していない場合、ブランドを築きにくい製品カテゴリーであることなどがコモディティになっている要因です。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。