ブランド戦略注意事項として、ブランドを構築する上で犯しやすい主な誤りを3点挙げます。

  1. ブランド戦略を人任せにする−コンサルタント依存
  2. ブランド戦略をコスト削減のために行う-ブランドは手段ではなく企業の目的
  3. ブランドがいったん構築されたら商品は売れ続け、企業は繁栄し続けると思い込む-強いブランドとよいマネジメントが必要、ブランド要素もマネジメントも状況の変化に応じ革新されていかなくてはならない

参考文献

  • 『記入式ブランド戦略入門』吉田伴内(けやき出版)

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。