意味性とは、ブランド要素の選択条件のひとつです。ブランド連想の形成と強化に有効な望ましい意味をもっていることです。商品・サービスの機能、ベネフィットを消費者にわかりやすく訴求することによってブランドを強化することができます。「せき、声、のどに浅田飴」というスローガンが良い例となります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。