適合可能性とは、ブランド要素の選択条件のひとつです。消費者の価値観、嗜好の変化に対応し、陳腐化しないために更新できるブランド要素であるかということです。一貫性を保ちながら陳腐化を防ぐには丁度可知差異という概念を具体化させる必要があります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。