消費者行動研究とは、マーケティング論の一分野で、消費者がどのような過程で製品の購買決定を行うかを研究するものです。当初は、「パブロフの犬」のような条件反射が重要な要因とされていましたが、消費者が製品の購買にいたる過程はもっと複雑であるとの認識からハワード・シェスの精緻化見込みモデルなど、より精密なものになっていきました。そしてブランド論隆盛と相まってブランドというものが購買決定にいかに関わっているかという研究も進みました。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報