バラエティ・シーキング型の製品とは、アサエルの4タイプのひとつです。関与水準は低いが、ブランド間の知覚差異が大きい製品では、消費者は別のブランドへスイッチすることにほとんどリスクを感じません。前回購買した製品に特に不満がなくても目新しさやバリエーションを求めてブランド・スイッチが行われます。評価は行動の後に行われます。ポテトチップス、サラダドレッシングなど比較的低価格の製品に多く見られます。企業としては、関与水準を高めて、ブランド・スイッチのリスクを高めなくてはなりません。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。