感覚価値とは、購買時に楽しさを感じるなど消費者が五感で感じる価値のことで、パッケージなどブランド要素や広告などコミュニケーションによって感じるものです。目を引くデザインのパッケージ、興味を抱かせるネーム、最近のヒット商品である東ハトの「暴君ハバネロ」などはその良い例です。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。