ブランド・ポジショニングとは、消費者が頭(心)の中の際立った位置にブランドを置くよう企業が製品を作り、コミュニケーションを行うことです。原則的には先行して消費者のブランド認知を獲得することが有利です。後発の場合や競合の厳しい市場では、他ブランドにない属性を訴えることが効果的です。例としては、辛口ビール、歯周病予防の歯ブラシ、におわない納豆、胃にやさしい頭痛薬などです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。