苦情申し出の容易性とは、JISZ9920(苦情対応マネジメントシステムのJIS規格)で定義されている、苦情対応の9要素の一つです。「広告、カタログ、説明書、案内書、容器・包装など」で苦情受付窓口を広く告知するとともに、苦情申し出の方法を簡単に理解できるよう努力するように要求しています。

参考文献

  • 『JISZ9920:2000(苦情対応マネジメントシステムの指針)』日本規格協会

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報