苦情申し出者に生じた損害への対応とは、JISZ9920(苦情対応マネジメントシステムのJIS規格)で定義されている、苦情対応の9要素の一つです。苦情対応の原点ともいえる定義がなされており、組織が提供する製品やサービスが原因で発生した損害に、「損害の種類、重大性、責任の程度と範囲」などを考慮した上で対応することを求めています。

参考文献

  • 『JISZ9920:2000(苦情対応マネジメントシステムの指針)』日本規格協会

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報