Webビーコン型アクセスログ解析とは、HTMLファイルにトラッキングコード(JavaScript等)を埋め込み、ユーザーが当該ファイルを閲覧したという情報を外部のアクセスログ解析サービス提供会社の解析サーバに送信し、解析を行わせる解析方法です。解析結果は外部のアクセスログ解析サービスの管理画面へログインして利用します。Webビーコン型のアクセスログ解析の場合はソフトウェアのインストールが不要で、アカウントを開設してトラッキングコードを埋め込むだけですぐに利用可能という利点があります。ただしWebサーバのログデータは利用せず、トラッキングコードを記述したHTMLを公開した後に解析が可能となるので、トラッキングコード導入よりも過去にさかのぼった解析はできません。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報