ランディングページ最適化を目的として実施される手法で、Webページ等の異なるバージョンを用意し、同時に公開してどちらの方がより求める効果に繋がりやすいかを計測する手法です。テストしたい個所の見た目や文言を変え、どちらのバナーがよりよくクリックされるか?どの表現がよりコンバージョンへ貢献するか?といった点を探ります。より効果的なクリエイティブを探るためには、仮説検証のプロセスを短期間に実施すること、そのために小規模なA/Bテストを数多く繰り返すことが有効だと言われています。

A/Bテストを専門とした有償ツールは数多く市販されています。Google アナリティクスにも「ウェブテスト」という組み込み機能があり、こちらは無料で利用可能です。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報