競争優位とは、他社が模倣できない、あるいは模倣しようとしない方法を実践する能力と定義できます。コトラーは「今日ではほとんどの優位性がその意義を失っており、持続可能なものはごくまれである」(※1)と言っています。また、「単独の優位性によって成功するのではなく、時間をかけて優位性を積み重ねていくことで勝利を収めるケースが、しだいに増えてきている」とも言います。いずれにせよ、競争優位とは絶対的なものではなく、相対的であり、競合他社との関係だけでなく、環境の変化にも左右されやすいものです。どんなに競争優位性があると思えても、顧客に満足、価値を提供できないものは競争優位とは言えません。

参考文献

  • ※1『コトラーのマーケティング・コンセプト』東洋経済新報社

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報