Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > 用語集 > Web「経営革新ツール」用語集 > マーケティング用語集 > ハインリッヒの法則(1:29:300の法則)

ハインリッヒの法則(1:29:300の法則)

ハインリッヒの法則は、1:29:300の法則とも呼ばれています。米国のハインリッヒ氏が労働災害の発生確率の分析したもので、保険会社の経営に役立てられています。それによると1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏にはケガはないがひやっとした300件の体験があるというものです。現在はビジネスにおける失敗発生率としても活用されてています。例えば1件の大失敗の裏には29件の顧客から寄せられたクレーム、苦情で明らかになった失敗があり、さらにその裏には、300件の社員が「しまった」と思っているが外部の苦情がないため見逃しているケース、つまり認識された潜在的失敗が必ず存在するという具合です。