顧客の意見に熱心に耳を傾け、新技術への投資を積極的に行い、常に高品質の製品やサービスを提供している業界トップの優良企業が、その優れた経営のために失敗を招き、トップの地位を失ってしまうという、この逆説的なコンセプトは、ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授が、同名の著書によって明らかにしたことで、有名になったものです。マーケティングにおいて最も基本とされる、顧客の意見に耳を傾け、顧客の求める価値提供を行なうことが、破壊的なイノベーションの前では逆にマイナス要素にさえなるというこの逆説は、変化の時代といえる現代においては新たなマーケティング課題であるといえます。

参考文献

  • 『イノベーションのジレンマ』翔泳社

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報