事業戦略を考える上での競争要因として、マイケル・ポーターが提唱したものです。5つの競争要因とは、1)業界への新規参入業者の脅威、2)業界への代替製品の脅威、3)供給業者(仕入先)との交渉力、4)買い手(顧客)との交渉力、5)既存業者間の自社との競合です。

1) 業界への新規参入業者の脅威
新規参入業者は既存業者からシェアを奪い取ろうとし、競争が激しくなり、自社の収益が減少する可能性があります。
2) 業界への代替製品の脅威
代替品が存在するなら、代替品が自社製品の価格を抑えるので、自社の収益が抑制される可能性があります。
3) 供給業者(仕入先)との交渉力
供給業者に自社を上回る交渉力があれば、供給コストがかさむ可能性があります。
4) 買い手(顧客)との交渉力
顧客に自社を上回る交渉力があれば、顧客はその交渉力を行使して、自社の利益率を抑えようとする可能性があります。
5) 既存業者間の自社との競合
同業他社間の競争が激しければ、価格、研究開発、広告などの面で競争が繰り広げられ、自社の収益が減少する可能性があります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報