ブランド知識とは、ブランド・エクイティティの源泉である顧客がブランドに対してもつ認知、知識を指すものです。『戦略的ブランド・マネジメント』の著者であるケビン・レーン・ケラーは、ブランド知識を大きく、ブランド認知とブランド・イメージの2つに分けた上、さらにそれぞれを細かな要素に分類しています。

ブランド力を高めようとする多くの企業が、ブランド認知ばかりに注意を払った施策を行いがちですが、顧客がブランド価値を感じるブランド知識を持つようにするには、認知と同時に、一貫性と革新性のあるブランド・イメージの構築にも同じように注力する必要があります。

参考文献

  • 『戦略的ブランド・マネジメント』ケビン・レーン・ケラー著、東急エージェンシー

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報