損益分岐点分析は、企業が事業分析を行なう際の最も簡単な手法です。ある製品に関して、予定した価格と原価構成で損益分析点(コストと売上が均衡する点、つまり、売上高(1−変動費)=固定費になる点)に達するためには、何個の製品を売ればよいかを試算する方法です。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報