モノづくり偏重(あるいは製品主導主義)のマーケティングに対して、顧客のメリットを優先する思考に基づくマーケティングの考え方を指す言葉です。前者が自社の資産を投下してつくった製品をいかにして顧客に売るかという考え方だとすれば、後者は顧客(市場)のニーズに適った製品を顧客に買ってもらうには自社の資産をどのように投下すればいいかという考え方であると対比できます。

顧客志向マーケティングへの懸念としてよく挙がることの一つに、顧客の声ばかりに耳を傾けていると、自社が何でも屋になってしまい、結局は自社の強みや事業領域が不明瞭になってしまうというものがあります。しかし、そうした懸念は顧客志向という言葉を誤って捉えています。顧客志向とはどんな顧客の声でも聞くということではなく、自社のミッション、ビジョンに応じた顧客のニーズに応えるということです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報