ブランドが価値のあるブランドになるためには、まず消費者に認知される必要があります。ブランド認知とは、消費者の記憶のなかでのブランドの痕跡の強さと関係し、さまざまな状況下において当該ブランドを識別する消費者の能力を反映したものと言えます。

ブランドの研究者、ケビン・レーン・ケラーは、ブランド認知は、ブランド再認とブランド再生から構成されると言っています。ブランド再認とは、手がかりとしてあるブランドが与えられたときに、消費者が過去にそのブランドを見たり聞いたりしたものであると正確に区別できることを指します。また、ブランド再生とは、手がかりとしてある製品カテゴリーが与えられたり、そのカテゴリーの製品へのニーズが発生した際に、消費者が記憶の中からブランドを思い出すことができることを指します。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報