ブランドを価値あるブランドにするためには、ブランド認知とともに、消費者の記憶に価値あるものとして残るようなブランド・イメージが必要となります。ブランド・イメージとは、消費者の記憶の中にあるさまざまなタイプのブランド連想の反映であると定義できます。ブランド連想にはさまざまなタイプがありますが、大きく分けて「属性」、「ベネフィット」、「パーソナリティ」の3つに分類することができます。ブランド・イメージはこうしたさまざまなタイプのブランド連想が、消費者の頭のなかで価値あるものとして認識されたとき、ブランドを真に強いブランド力のあるものに変えます。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報