ブランドも人間同様に、パーソナリティ特性を持っています(もつ必要があります)。例えば、ブランドを人間に対するのと同様に「現代的だ」とか「古めかしい」とか「活発である」などと評価することができます。ブランド・パーソナリティは、ブランド属性と大きな関係を持っています。例えば、金融系の製品やサービスのブランドのブランド・パーソナリティが「先進的な」だった場合、顧客が求める信頼感や安心感などが得られにくいかもしれません。その場合、「先進的な」というパーソナリティと同時に、「誠実な」だとか「有能な」といった別のパーソナリティを同時にもつことによって、顧客が信頼感や安心感を受けるようにフォローする必要があります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報