企業は、市場のセグメンテーションを行なった後、自社の事業および製品が対象にする標的市場を選ぶ必要があります。これをターゲティングと呼びます。ターゲティングにより、標的市場が選択されていなければ、企業は、何を行ない、何を行なわないかという、自社の事業および製品の展開のための戦略を策定することはできません。顧客の側からの視点(マーケティングの視点)で考えれば、誰のためのものかがわからなければ、何を行ない、何を行なわなくていいかが判断できないからです。事業や製品もすべての顧客のニーズを満たすことは事実上、不可能なのです。ターゲティングは、そのために必要になるのです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報