営業とマーケティングの違いは、一般的に次のように説明されます。マーケティングは「売れる仕組みをつくる」ことであり、営業は「売る」ことである、と。その意味で、「売れる仕組み」を使って、実際に「売る」=営業機能を担当する営業マンは、マーケティングにおいても非常に重要な役割を果たします。

また、「売る」という機能以外にも、実際に顧客接点をもつ営業マンは、顧客の生の声に触れられるという点で、他のマーケティング・リサーチ以上の効果を発揮することができます。マーケティングの視点で考えるなら、営業マンを単に「売る=数字を上げる」ためだけに活用するのではなく、「顧客を管理=維持する」ために活用する必要が今後ますます増えてくるでしょう。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報