One to Oneマーケティングとは、顧客一人一人の嗜好やニーズ、購買履歴などに合わせて個別に展開されるマーケティング活動を指します。基本プロファイルや行動履歴が保存される顧客データベースを基に、顧客との一対一のコミュニケーションを行なうことで、顧客一人一人の嗜好や興味分野を分析したりすることが可能になります。また、分析結果を元に顧客のセグメンテーションを行なうことで、個別のアクションプランの策定、実行が可能となります。

具体的には、カスタマイズされたWebページの表示や、ユーザの登録内容に応じたメールでの情報配信などがあります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報