マーケティング戦略は、競合他社や競合ブランドに対して独自の優位性を持つために必要不可欠なものです。逆に言えば、自社の戦略が競合と同じであれば、それはマーケティング戦略がないということになります。フィリップ・コトラーは「戦略は、特徴的で首尾一貫した価値提案をくみ上げ、標的市場に送り届ける際に用いる接着剤のようなものである」と言っています。マーケティング戦略は、自社の提供する価値と標的市場の求める価値をマッチング(接着)する手段を示したものなのです。

そのため、マーケティング戦略を立案する際には、自社の強みと市場のニーズについて知っていなければなりません。市場の求めるものを探り当て、それが「なぜ必要なのか」という仮説を導き出せた時、マーケティング戦略として効果の期待できる「販売戦略」「製品戦略」「コミュニケーション戦略」などが立案できるのです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報