超幾何分布とは、ある不適合品率のロットから抜取った標本の不適合品の個数(離散データ)の分布のことを言います。超幾何分布は、抜取検査で応用されています(JIS Z 9002;計数基準型一回抜取検査)。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。