KKDとは、次の3用語の総称を言います。(1)Kan:勘、(2)Keiken:経験、(3)Dokyou:度胸。リーン・シックスシグマでは、原則として、KKDを排除し、データを基に結果を判断して結論を出します。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。