KKDとは、日本語の「勘、経験、度胸」をアルファベットで書いたと時の頭文字を並べたものです。ある製品に問題が発生しこれを改善しなければならないとき、KKDのみに頼って問題を処理し続けていると、結果は似ていても根本原因が異なる問題が発生したときに正しい解決法を導くことが出来ず、組織にとってもマイナスの影響を与えてしまうことになります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。