Smart Communication Design Company
ホーム > 会社情報 > CSRへの取り組み > CSR活動報告 > 2006年度

2006年度 CSR活動報告

CSR活動ダイジェスト

2006年度のCSR活動は、品質マネジメントへの取り組みを特に強化し、顧客満足度の向上に努めました。

環境保全(ISO14001)

著しい環境側面 目標 達成状況
電気の使用 電気の使用手順の維持 達成
電気の使用量の管理 達成
可能であれば電気の使用量削減施策の追加導入 検討事項
消灯チェックシート記入率90% 未達成
整理整頓による残業時間の短縮 検討事項
普通紙の使用 紙の使用手順の維持 達成
紙の使用量の管理 達成
可能であれば紙の使用量削減施策の追加導入 達成
リサイクル製品等環境配慮製品の購入 常備文具のうちグリーン商品があるものに関しては全てグリーン商品を購入する 達成
クライアントマシンのグリーン購入率100%を維持 達成
外部への環境情報の発信(メール配信) 外部へ環境情報を3ヶ月に1度メール配信 達成
自社のホームページでの環境情報の発信 自社CSRサイトリニューアル 達成
3ヶ月に1度自社CSRサイトでの環境情報の発信 達成
環境関連団体への募金活動の実施 アベベチ・ゴベナ孤児院に今後5年間継続的に支援を行う 達成
環境教育用Webツールの開発、社内利用、提供 環境教育用Webツールの開発 検討事項
デジタルデータ受け渡し用ツールの開発、社内利用、提供 ツールの開発、社内リリース、社内利用(案件上でのやりとりにおける使用を開始)、提供 検討事項
事業系廃棄物の発生 ごみの廃棄手順の維持 達成
ごみの廃棄量の管理 達成
リサイクルの推進 達成
可能であればごみの廃棄量削減施策の追加導入 検討事項

品質マネジメント(ISO9001・CMMI)

対象 目標 達成状況
フロント部門 顧客満足度調査アンケート(CSアンケート)の結果に応じた改善活動の強化、維持・管理 達成
新規構築案件における設計フローの再定義、及び記録管理方法の全社標準化を図る 未達成
お問合せ対応リードタイムを短縮し、対応状況の共有をより強化する 達成
制作・開発部門 文法チェックツール活用による、成果物のソースレベル品質の向上を図る 達成
システム開発フローの定義強化、明文化を図る 達成
CFT本部 プロセス運用結果チェック体制の確立と段階的拡充を図る 達成
全社 社外セミナーの定期開催(毎月1回の開催)による、組織知・ノウハウの社会還元 達成
社内勉強会の定期開催および実施状況の外部への情報公開(共に、毎週1回) 達成
Web標準案件フローの確立と社内浸透を図る 未達成
検査部門 検査判定の細分化、厳密化を図る 達成
Web標準案件に対応した検査フローの確立 未達成
検査エビデンスのレポーティング様式の整備 達成

顧客満足(ISO10002)

対象 目標 達成状況
全社 是正判断を2日以内に100%
是正処置率を70%にする
未達成

情報セキュリティ(ISO27001)・個人情報管理(JISQ15001)

対象 目標 達成状況
事務局 フロント向け勉強会の実施 未達成
技術者教育の促進 未達成
社外に送信するファイルのセキュリティ対策の徹底 対応中
デフラグ、ディスクのクリーンアップの実施率90%以上 未達成
ネットワーク委員会 2006年度の社内ネットワークシステムの改善計画の実装 達成
データセンターの移行促進 達成

公正な事業活動(ECS2000)

対象 目標 達成状況
全社 「中心的ルール」の違反時の報告・相談制度を確立し、組織の自浄作用を強化する 達成

従業員とのかかわり(OHSAS18001)

対象 目標 達成状況
全社 身体の健康 早朝出勤の推進 達成
残業時間の削減及び個人別残業時間の平準化 達成
事務局 心の健康 予防処置としてのEAP導入・活用 達成
スタッフ 心の健康 心のコミュニケーションの活性化 未達成