Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2018年1月 > EPUBアクセシビリティ検証ツール、Aceのバージョン1.0がリリース

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。

EPUBアクセシビリティ検証ツール、Aceのバージョン1.0がリリース

取締役 木達

DAISYコンソーシアムが、無料で使用できるオープンソースのEPUBアクセシビリティ検証ツール、Aceのバージョン1.0をリリースしました。Aceは、EPUB Accessibility 1.0に対する完全な準拠を検証するものではありませんが、しかし検証の一部を自動化・効率化してくれるものです。

Aceは、アクセシビリティ検証のためにaXeを内蔵しています。aXeについては先日、Dequeのアクセシビリティライブラリー、aXe-coreが100万ダウンロードを達成という記事で言及しましたが、Deque Systems社がオープンソースで開発しているもので、Chromeの開発者ツールにも組み込まれています。

閑話休題。Aceは、Node.JSのバージョン6.4.0以上がインストールされた環境において、npmコマンドで簡単にインストールすることができます。検証対象となるEPUBファイルと、検証結果の保存先を指定して、コマンドラインから実行するのが基本的な使用方法です。

Aceは、HTMLフォーマットとJSONフォーマットの2種類で検証結果を出力できます。以下は、HTMLフォーマットの検証結果のスクリーンショットですが、違反(Violations)、メタデータ(Metadata)、アウトライン(Outlines)、画像(Images)という4つのタブが画面上部に並んでいます:

Aceの出力した検証結果(HTMLフォーマット)のスクリーンショット

違反のタブにおいては、違反のインパクト(Critical / Serious / Moderate / Minor)ごとや、EPUBコンテンツに同梱されているファイルごとなど、さまざまな条件で違反事項を絞り込むことができます。メタデータのタブでは、EPUBコンテンツに発見されたメタデータを確認できます。アウトラインのタブでは、EPUBコンテンツに実装されているアウトラインが3種類、抽出・提示されます。画像のタブでは、含まれるすべての画像についてalt属性値やaria-describedby属性値などを一覧できます。

より詳しくは、Ace, by DAISYAccessibility Checker | Inclusive Publishingを是非ご覧ください。

[ 2018-02-01 追記 ] インストールから実際に検証結果を開くまで、を紹介する動画が公開されていました。英語ですが、字幕も利用できます:

Pick Up